見張りイボ 治し方

見張りイボの治し方

スポンサーリンク

見張りイボ,治し方,改善,切れ痔,痔

見張りイボは切れ痔が原因でできます。

 

切れ痔で切れた皮膚に便が入り込み、炎症を起こすことで見張りイボができます。

 

では、その見張りイボ、どうしたら治せるのでしょうか?
見張りイボの治し方についてお教えします。

 

 

見張りイボは自然治癒する?

見張りイボ,治し方,改善,切れ痔,痔

切れ痔によってできる見張りイボ。胡麻や米粒くらいの小さなものから、2〜3cmまで大きくなってしまうこともあります。

 

見張りイボは、皮膚のたるみ、突起物なので、一度できてしまうとなくなることはありません。ただ、胡麻ほどの小さなものであれば、徐々に目立たなくなる可能性があります。

 

そういった意味では、自然治癒することもあります。ほとんどはそのまま残ります。

 

見張りイボを治すにはどうすればいい?

見張りイボ,治し方,改善,切れ痔,痔

では、できてしまった見張りイボを治すにはどうしたら良いのでしょうか?

 

前提として、見張りイボは一度できてしまったら消えることはありません。そのため、<治す=なくす、消す>であれば、手術で切除するしか方法はありません。

 

しかしながら、見張りイボは皮膚のたるみ、突起物ですので、そのまま残しておいても害になることはありません。見た目や排便の際に気にならないのであれば、そのまま放っておいても大丈夫です。

 

そのため、手術で切除したくない、そのまま残しておいても気にならない、ということであれば、その時点で<治った>ということになります。

 

ただし、見張りイボの原因となる切れ痔が改善しない場合は、見張りイボが大きくなったり、数が増えたりする可能性があります。ですから、本当の意味で、<見張りイボを治す>には、原因となる切れ痔をしっかりと改善しなくてはいけません。

 

見張りイボ原因である切れ痔を改善するには?

見張りイボは切れ痔が原因でできます。その切れ痔は、便秘や下痢によってできます。

 

便秘が原因による切れ痔

便秘によって固くなった便を排便する際、その固さや大きさに肛門の皮膚が耐え切れず裂けてしまうことがあります。それが切れ痔です。

 

便秘の原因となること

1 食生活の乱れ
2 睡眠不足
3 水分不足
4 運動不足
5 ストレス
6 便意の我慢
7 腸内環境の乱れ

 

 

下痢が原因による切れ痔

下痢をした場合、時に勢いよく下痢便が排泄されることがあります。水分が多い下痢便が勢いよく出てくると、その勢いで肛門の皮膚が切れてしまうことがあります。また、下痢便によって肛門の皮膚が炎症を起こして、切れてしまうことがあります。このようにして、下痢によって切れ痔が起こります。

 

下痢の原因となること

1 消化不良
2 食べ過ぎ
3 アルコールや刺激の強いものの摂り過ぎ
4 ストレス
5 冷え
6 腸内環境の乱れ

 

 

切れ痔の原因となる便秘や下痢を解消するには?

切れ痔の原因となる便秘や下痢を解消するには、食生活や生活習慣の改善がもっとも重要です。栄養バランスの良い食事を心がけ、規則正しい生活を送るようにしましょう。そして、ストレスを溜め過ぎずに、ストレスの元となることを解消したり、ストレスを上手に発散したりするようにしましょう。

 

とはいえ、すべての切れ痔の原因となることを取り除くのは難しい場合もあります。そのため、便秘や下痢になりにくい腸内環境を整えていきましょう。便秘や下痢になっている腸内は、悪玉菌が優勢となっていて、善玉菌が減っている状態です。善玉菌を増やすことで腸内環境を整えることができます。

 

善玉菌を増やして腸内環境を整えるには?

腸内の善玉菌を増やすには、主に2つの方法があります。1つは、腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖を摂取して、元々腸内にすむビフィズス菌を活性化させて増やす方法。そしてもう1つは、直接口から、善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を摂る方法です。

 

オリゴ糖の摂取

もっともおすすめの方法は、オリゴ糖食品の摂取です。オリゴ糖はバナナや大豆、たまねぎ、キャベツなどに含まれますが、含有量が少なく、毎日必要量を摂り続けるのは非常に難しいです。そこでおすすめなのが、オリゴ糖を効率良く摂れるオリゴ糖食品です。

 

見張りイボ,治し方,改善,切れ痔,痔

中でも、イチオシは「カイテキオリゴ」です。「カイテキオリゴ」は6種類のオリゴ糖に、2種類の食物繊維を配合しています。腸内のビフィズス菌は30種類以上あると言われており、種類によって好むオリゴ糖の種類も異なります。そのため、オリゴ糖の種類が多く含まれるものが良いのですが、「カイテキオリゴ」は数あるオリゴ糖の中でも最多の6種類となります。

 

しかも、「カイテキオリゴ」は独自のEOS理論に基づき製造されており、腸内にすむ30種類以上のビフィズス菌をほぼ活性化させることができるのです。だからこそ、「カイテキオリゴ」はオリゴ糖食品の中でも販売量が多く、1分に1個は売れるという人気商品なのです。また、生まれたての新生児の赤ちゃんから、妊婦さん、シニア層と、あらゆる年代に支持されていて、それぞれに効果を感じている、実績のあるオリゴ糖商品なのです。

 

また、「カイテキオリゴ」はほんのりと甘いので食べやすく、牛乳やコーヒーなどの飲み物に入れたり、ヨーグルトなどにかけたり、熱にも強いので料理の中に入れてしまうこともできます。無理なく、毎日続けて摂取できるので、効果も感じやすいのです。

 

そして、「カイテキオリゴ」は、薬ではなく、健康食品ですから、体にも悪影響がありません。ただ、一気に量を食べ過ぎると、お腹がゆるくなることがありますから、5g程度から試して、効果によって量や回数を調節するようにしましょう。
【おすすめ商品】

カイテキオリゴ

 

乳酸菌やビフィズス菌の摂取

次におすすめなのは、口から直接乳酸菌やビフィズス菌を摂る方法です。乳酸菌やビフィズス菌というと、ヨーグルトのような発酵乳を思い浮かべる人も多いでしょう。

 

しかしながら、一般的に販売されているヨーグルトなどに含まれる乳酸菌やビフィズス菌は、腸に届く前に胃酸や胆汁によって死滅してしまうものがほとんどなのです。なので、ヨーグルトを毎日食べているのに、便秘が全然改善しない、という方が多いのです。腸まで生きたまま届く、乳酸菌やビフィズス菌を摂らなければ、腸内の善玉菌を増やすことにはつながらないのです。

 

そこで、おすすめなのは、「オリジナルケフィア」と「カルグルト」です。

 

「オリジナルケフィア」

見張りイボ,治し方,改善,切れ痔,痔

ヨーグルトの代わりとして毎日食べたいならば、「オリジナルケフィア」をおすすめします。ケフィアはヨーグルトに似た発酵乳ですが、ヨーグルトが1〜2種類の乳酸菌で発酵しているのに比べて、「オリジナルケフィア」は多種の乳酸菌と多種の酵母で発酵しているのが特徴です。そのため、より効率的に腸内の善玉菌を増やすことができるのです。

 

そして、「オリジナルケフィア」は自宅で簡単に手作りができますので、いつでもフレッシュな状態を食べることができます。また牛乳だけでなく、加工乳や豆乳でも作れますので、味に飽きることなく食べ続けることができます。

 

オリジナルケフィア」に「カイテキオリゴ」をかけて食べれば、最高に素晴らしい組み合わせで、より高い効果が期待できます。
【おすすめ商品】

オリジナルケフィア

 

「カルグルト」

見張りイボ,治し方,改善,切れ痔,痔

カルグルト」は、乳酸菌を含む顆粒状のサプリメントになります。ヨーグルトなどの発酵乳が苦手な方や、もっと手軽に乳酸菌を摂取したい方におすすめです。「カルグルト」は1回分ずつ個別包装になっていますので、持ち運びにも便利で、会社や外出先でも食べることができます。温水や牛乳、スムージーに混ぜて飲んだり、サラダやシリアルなどにかけて食べてもおいしいです。顆粒に抵抗がなければ、そのまま食べてしまっても大丈夫です。

 

そして、「カルグルト」に含まれる乳酸菌は選び抜かれた5種類で、腸までしっかりと届いて、善玉菌を増やすことにつながります。また、乳酸菌は、生活環境や食べるものによって腸にすむ種類が異なるのですが、「カルグルト」は日本人にあう種類を選りすぐっていますので、効果が期待しやすいのです。乳酸菌をたくさん摂っても、タイプが合わないと善玉菌を増やすことにはつながらないのです。
【おすすめ商品】

カルグルト

 

切れ痔を完治させることが、見張りイボを治すことにつながる

このように、見張りイボを治すには、切れ痔を完治させることが必須となります。でなければ、切れ痔がひどくなることで見張りイボも悪化して大きくなったり数が増えたりしますし、切れ痔が慢性化すれば見張りイボもどんどん悪化していきます。

 

見張りイボを治すには、切れ痔の原因となる便秘や下痢をしっかりと治し、腸内環境を整えることで便秘や下痢になりにくくしましょう。便秘や下痢になりにくくなれば、切れ痔になることもなくなり、見張りイボもできなくなります。

 

見張りイボを治すには? まとめ

・見張りイボは皮膚のたるみなので、一度できるとなくなりません
・極小さな見張りイボであれば自然と目立たなくなることはありますが、通常はそのまま残ります
・見張りイボは見た目や排便時に気にならなければ放っておいて大丈夫です。気になる場合は手術で切除できます
・見張りイボはその原因である切れ痔を治すことが重要です
・切れ痔を引き起こす便秘や下痢は食生活や生活習慣の改善と、腸内環境を整えることで改善につながります
・腸内環境を整えるには、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖の摂取がもっともおすすめです→「カイテキオリゴ」がおすすめ!
・乳酸菌やビフィズス菌の摂取によって善玉菌を増やすには、腸まで生きて届くものを摂りましょう→「オリジナルケフィア」「カルグルト」がおすすめ!
・便秘や下痢を解消し、切れ痔を完治させることで、見張りイボを治すことにつながります

 

【見張りイボ改善ナビ TOPへ】

スポンサーリンク