見張りイボ 経験談 妊婦 妊娠

妊娠による見張りイボ。出産によるイボ痔かと思ったら、まさかの切れ痔

スポンサーリンク

見張りイボ,妊婦,妊娠,経験談,改善,切れ痔,痔

出産時の強いいきみで、イボ痔になってしまったと思い込んでいました。出産によってイボ痔になることはよくあることと聞いていましたので、私も例にもれず、立派なイボ痔が!とそれほど驚くこともなく、受け入れていたのです。このイボ状のものに気付いたのは出産から1週間が経った頃だと思います。

 

そして、出産後の1ヶ月検診の時に、出産した産院で相談したところ、「消化器科か肛門科で診てみもらって」と。それで、消化器科に行ってみました。お尻を出しての診察は抵抗があったんですけど、実際には、楽勝というか… 産婦人科の内診に比べたら、恥ずかしさも半分、全然大丈夫でした。

 

少し年配の男性医師でしたがとても丁寧な対応で、「イボ痔はないようですよ。ただ、見張りイボがありますね。切れ痔になりましたか?」と優しく聞かれました。切れ痔になった記憶がなかったのでビックリしたのですが、「妊娠中に便秘になりませんでしたか?便秘が原因で切れ痔を起して、そこに便がついて炎症を起こしたのでしょう。それで見張りイボができてしまったんだと思います」とのことでした。

 

とにかく、イボ痔だと思い込んでいたので、正直驚きましたが、そういえば、臨月に入ってから便秘気味になり、固い小さなコロコロの便しか出ていませんでした。強くいきむと赤ちゃんが出てきてしまいそうで、苦しいけど我慢してやり過ごしていました。また、固い便が出ると、何となく肛門が痛かったのを思い出しました。

 

また、分娩の時に、会陰切開をしたので、その時の痛みが少しの間残っていて、排泄時にしみるような痛さも感じていたんですよね。実際に会陰切開の影響もあると思うのですが、もしかすると臨月の便秘による切れ痔も起こしていて、その痛みもあったのかもしれません。

 

現状では便秘も下痢もしていなくて、その時の切れ痔も治っているので、治療するようなことはないとの診断でした。見張りイボは放っておいても大丈夫で、もし排便時に邪魔になったり気になるようだったら切除もできる、とのこと。でも、小さいものなので、そのまま気にならないくらいになるかもしれまない、とのことでした。

 

見張りイボは放っておけば、キレイになくなることもあるのでしょうか?それとも、切除した方が良いのでしょうか?

 

産後の女性からの相談

 

見張りイボ,妊婦,妊娠,経験談,改善,切れ痔,痔

 

妊娠中に便秘になる方は多いので、そこから切れ痔、見張りイボとなってしまうケースも当然あります。妊娠中の便秘は、妊娠初期でなる方もいれば、臨月になってなる方もいますし、妊娠中ずっと悩む方もいます。

 

そして、分娩時のいきみで、イボ痔になってしまう方も少なくないですね。見張りイボはイボ状の突起物なので、イボ痔と間違えてしまうのも仕方ないかもしれません。ただ、見張りイボは皮膚のたるみ、突起物で、痔ではありませんので、放っておいても問題がないのです。

 

ただし、小さなものであれば自然治癒して目立たなくなる可能性もありますが、大きなものになるとそのまま皮膚のたるみとしてのこってしまいます。気になるようだったら切除することも可能です。


 

 

妊婦の便秘

妊娠中は、なんと70%の女性が便秘に悩むとも言われています。そして、妊婦は妊娠初期から臨月まで、さまざまな理由で便秘になりやすくなります。

 

黄体ホルモン

妊娠すると、黄体ホルモンという女性ホルモンの分泌が多くなります。黄体ホルモンの働きとして、「水分を体内に溜め込むこと」「子宮の収縮を抑制して流産を防ぐこと」があります。そのために、水分不足から便が固くなったり、腸の動きが抑制されたりして、便秘になりやすくなります。

 

つわりの影響

特に、妊娠初期はつわりによって、思うように食事が摂れなくなることが多いです。すると、食物繊維が不足したり、食べる量自体が減ってしまいます。それからせっかく食事を摂っても、つわりによる吐き気で嘔吐してしまうこともありますし、水分さえも摂れずに水分不足になってしまうこともあります。それらの原因により、便秘になりがちになります。

 

子宮が大きくなって臓器を圧迫

妊娠によって子宮が大きくなるにつれて、まわりの臓器を圧迫するようになります。特に腸を圧迫されることによって血流が悪くなったり、腸の蠕動運動がにぶくなったりします。また、圧迫により腸管が細くなり、便が通りにくくなったりもします。それらが原因となり、便秘になりやすくなります。さらには、肛門が圧迫されて、痔になりやすくなることもあります。

 

ストレスや精神的な要因

妊娠中、体や気持ちの変化でストレスを感じたり、精神的に不安的になったりすることがあります。そうすると、自律神経のバランスが崩れてしまい、腸の動きに影響を及ぼします。というのは、腸の動きは自律神経によってコントロールされているため、自律神経のバランスが崩れると、腸の動きに異常をきたし便秘や下痢になってしまうのです。

 

運動不足

妊娠中、運動ができなかったり、行動が制限されることで、筋力が衰えがちになります。特に腹筋力が衰えると、排便する際の腹圧が落ち、便秘になりやすくなります。妊娠中期で安定期に入ったころから、医師の許可が出るならば、マタニティヨガやスイミング、ウォーキングなどで軽く運動することをおすすめします。

 

睡眠不足

つわりや胎動の影響などで睡眠不足になってしまうことがあります。十分に睡眠がとれないと、自律神経のバランスが崩れやすくなったり、便が正常に作られなくなってしまうため、便秘になりやすくなります。また、お腹が大きくなるにつれて、頻尿になったり、足がつりやすくなったりして、睡眠が浅くなりがちです。これらも、便秘を招きやすい妊娠トラブルとなります。

 

 

妊婦の便秘を放っておくと危険

妊娠による便秘を放っておくと、いろいろと悪影響が出てきます。

  • ひどい便秘状態だと、胎児の状態が分かりにくくなり、見落としが出てしまう可能性があります
  • 出産時に微弱陣痛になりやすいと言われています
  • 分娩と同時に排便してしまうことで、胎児への感染症が懸念されます
  • 赤ちゃんの腸内環境への悪影響が心配されます

 

妊婦の便秘は、ママさん自身への悪影響だけでなく、胎児・赤ちゃんへの悪影響も考えられます。いち早く便秘を解消して、快適な妊娠生活を過ごすようにしましょう。

 

 

妊婦の痔

見張りイボ,妊婦,妊娠,経験談,改善,切れ痔,痔

妊娠すると便秘になりやすくなることから、切れ痔やイボ痔を発症しやすくなります。また分娩時にいきむことで、イボ痔になってしまうこともあります。

 

痔にならないようにするには、まずは便秘を解消することが大切です。栄養バランスの良い食生活と規則正しい生活習慣が基本になります。また、水分が不足がちになりますから、通常よりも多めに水分を摂るようこころがけましょう。

 

そして、安定期に入って、医師の許可が得られるようでしたら、マタニティヨガやスイミング、ウォーキングなど軽い運動をすることをおすすめします。絶対安静の場合や医師の許可が得られない場合は、決して無理して動かないようにしましょう。それから、ストレスを溜めないよう、上手に気分転換することも大切です。

 

また、効率良く便秘を解消するために、腸内環境を整えるようにしましょう。腸内の悪玉菌が増えて腸内環境が乱れていると、どうしても便秘や下痢になりやすくなります。ですから、腸内環境を整えて、便秘や下痢になりにくくしていきましょう。

 

 

腸内環境を整えるには?

腸内環境を整えるには、腸内の善玉菌を増やすことが最重要です。それには、オリゴ糖や乳酸菌・ビフィズス菌を摂る方法がありますが、妊娠中でも安心して食べられる方法を選ぶことが大切です。中には、妊娠中は禁忌のこともありますので注意が必要です。

 

見張りイボ,妊婦,妊娠,経験談,改善,切れ痔,痔

そこで安心しておすすめできるのは、「カイテキオリゴ」です。オリゴ糖食品の中でも圧倒的に多い6種類のオリゴ糖が配合されているだけでなく、スッキリ感を高めるために食物繊維が2種類入っているのです。粉末状ですので、牛乳などの飲み物やヨーグルトに混ぜたり、熱に強いので料理に混ぜて食すこともできます。もちろん、妊婦さんも安心して食べられるものですし、新生児の赤ちゃんでも大丈夫です。

 

また、オリゴ糖をおすすめする理由としては、オリゴ糖は腸内の善玉菌であるビフィズス菌のエサになり、元々腸内にすむビフィズス菌を増やす役割があるからなのです。そして、たくさんあるオリゴ糖の中でも「カイテキオリゴ」をおすすめする理由は、6種類というオリゴ糖の多さと食物繊維が配合されていることの他、30種類以上あるビフィズス菌をほぼ活性化させることができるからなのです。

 

というのは、腸内のすむビフィズス菌は30種類以上あると言われており、種類によって好むオリゴ糖の種類も変わるのです。なので、オリゴ糖をたくさん摂取しても、種類の異なるものだとエサになることはなく、腸内のビフィズス菌を増やすことにつながらないのです。このようなさまざまな理由から「カイテキオリゴ」をおすすめするのですが、実際に妊婦さんの利用率は非常に高いのも事実です。

 

見張りイボ,妊婦,妊娠,経験談,改善,切れ痔,痔

それから、「カイテキオリゴ」だけでも良いのですが、頑固な便秘だったり、より効率的に腸内環境を整えたい場合は、乳酸菌も一緒に摂ることをおすすめします。妊婦さんでも安心して摂れるものでおすすめなのは、「善玉元気」です。「善玉元気」は普通の乳酸菌サプリメントとは異なり、乳酸菌発酵エキスが配合されています。

 

なぜ乳酸菌発酵エキスが良いかというと、口から直接乳酸菌を摂っても、腸内の乳酸菌を増やすのはなかなか難しいことだからです。というのは、ヨーグルトなどの発酵乳に含まれる乳酸菌のほとんどは、腸に届くまでに胃酸や胆汁で死滅してしまうものがほとんどなのです。さらに、乳酸菌には多数の種類があり、タイプが合わない乳酸菌の場合は腸内にすみつくのが難しいのです。

 

その点、「善玉元気」の乳酸菌発酵エキスだと、直接腸に有用な成分を届けられるので、非常に効率良く腸内の善玉菌を増やすことにつながるのです。また、「善玉元気」はスティック状のゼリーで、さっぱりしたブルーベリー系の食べやすい味なので、妊娠中でも手軽においしく食べられると評判です。それと、スッキリ効果だけでなく、美容効果が期待できるのも嬉しいポイントです。

 

カイテキオリゴ」と「善玉元気」を併用することで、便秘解消効果がより期待でき、切れ痔を防ぎ、見張りイボを改善することにつながります。
【おすすめ商品】
カイテキオリゴ
善玉元気

 

 

できてしまった見張りイボは切除すべき?

見張りイボ,妊婦,妊娠,経験談,改善,切れ痔,痔

切れ痔によってできてしまった見張りイボですが、見張りイボ自体は皮膚のたるみ、突起物なので、そのままにしておいても害はないです。ただ、大きくなってしまったものは排便時に邪魔になったり、見た目が気になったりしますので、どうしてもなくしたい場合は切除することができます。

 

それから、見張りイボは、胡麻や米粒くらいの大きさから、大きいものは2〜3cmにもなります。見張りイボの原因である切れ痔が解消されていないとどんどん大きくなり、数も増えてしまいますので、いち早く切れ痔を解消すること、切れ痔の原因となる便秘や下痢を解消することは非常に大切です。

 

そして、胡麻や米粒くらいの小さいものであれば、自然治癒して目立たなくなる可能性があります。しかし、また切れ痔ができてしまうと、見張りイボも再発する可能性がありますので、常に便秘や下痢にならないよう腸内環境を整えておくことは重要です。

 

 

【見張りイボ改善ナビ TOPへ】

スポンサーリンク